トップ波情報&波予想ホットニュース動画HOWTOテクニックブランドカタログサーフショップサーフィンスクール仲間探し


サーフィンレップスイベント写真2009年度 JPSA ガルーダトラベルシーンプロ

2009年度 JPSA ショートボード第2戦 ガルーダトラベルシーンプロ

  2009/4/8(水)〜12日(日)に、インドネシアバリ島・クラマスポイントにて2009年度JPSAガルーダトラベルシーンプロが開催されました。
 温暖な気候であるバリ特有の暖かく晴天が続く、最高のコンディションとなりました!前半戦は潮の関係によりサイズの変化が著しく、満潮時はセットで頭オーバーの大きなウネリが入るコンディション、干潮時では腰前後となるスモールコンディションになったりと、選手達はいかに良い波をキャッチし自分の持つ技を最大限に発揮しなくてはいけない状況となり、そんな中でもハイレベルな試合が行われました!そして今回、プロ公認取得を獲得した選手は早稲田暁生、 岩田隆ニ、槙野明弘、熊倉一真、時田亜沙美、和田純子、中島映美の総勢7名のプロが誕生しメインラウンドの後半戦へとラウンドアップを果たしました!

 後半戦では一気にサイズも上がり、サイズとしてはアタマ〜ダブルと今大会コンディションとしてはベストと言える最高のコンディションとなりました! やはり、トップランカー達のサーフィンは本当に凄いの一言!!
決勝のヒートでは4人が9ポイントを奪取する大接戦の試合展開が繰り広げられたが、最終的には高梨直人VS林健太の一騎打ちとなった。高梨直人が特大のセットを2本掴み、高梨プロ自慢のバックサイドリップで特大スプレーを上げながらインサイドまでキッチリメイク!!これがトータル18.70PTとなり、誰もが高梨プロの優勝かと思っていた終了1分30秒前に奇跡が起こった!?林プロがミドルサイズの波をキャッチし流れるようなリッピングからビッグエアーを繰り広げ、得意のチューブに消えたと思ったらすかさずリッピング!ラストにはまたもやビッグエアーと、この土壇場の状況で最高のサーフィンを魅せ付け、終了のホーンが鳴り響く!そしてポイントコールは見事、大逆転のほぼパーフェクト10!これには会場にいた誰もが雄たけびを上げ、林プロの天才的なサーフィンと感動的な試合となり最高の形で幕を閉じました!!

  また女子ではしっかりとビックセットをキャッチしながら、持ち前のパワーサーフィンを披露した谷口絵里菜が何とか逃げ切り、昨年に続いて優勝を手にした。

  大会終了後には恒例の表彰式パーティーが開催されました。毎年恒例になりつつある、プール落としも行われ終止、皆が和やかで楽しいムードとなり今回のJPSAトラベルシーンプロは最高な試合になりました!


TEXT&PHOTO:RED-Y


 

Copyright サーフィンレップス
All rights reserved 許可なく転載を禁じます

サーフィン 波情報のサーフィンレップス