サーフィンレップスイベント写真2010年度 JPBA木崎浜クリーンビーチカップ 

2010年度 JPBA木崎浜クリーンビーチカップ 



 10月9・10日に宮崎県宮崎市木崎浜ポイントで開催された木崎浜クリーンビーチカップは最高の波に恵まれた中スタートしました。

初日は恒例の開会式から始まり、NPO法人となった宮崎県サーフィン連盟の理事長中村様、宮崎市観光課長の高松様にご挨拶をいただき、はだしフラの皆さんによるフラダンスも披露してもらいました。
順調にヒートが進む中、 途中宮崎市ライフセービング協会の皆様による心肺蘇生講習が行われ、選手達も積極的に人命救助のノウハウを学んだ。

今回は外国勢の2名Grant MolonyプロとJacob Romeroプロが参戦し、ロングチューブやARSなどの素晴らしいライディングをラウンド1から見せ付けると、ギャラリーからは大きな歓声が上がりました。
すかさず日本勢も攻めたライディングでギャラリーを釘付けにし、日本勢VS外国勢という熱いヒートも繰り広げられ大いに盛り上がった。
初日はトップシードが出てくるウィメンズラウンド3まで進めた。その中でやはり順調にファイナルデーに持ち込んだのはトップシード選手が中心となっていた。翌日のファイナルデーはメンズラウンド3からのスタートになった。
前日の悪天候とは打って変わり、ファイナルデーは天候にも恵まれ快晴になりました。
波も十分に残り大技も次々と披露され、アツいヒートを観戦していたギャラリーも十分楽しめたようでした。

木崎浜クリーンビーチカップの優勝メンズクラスは近藤義忠プロウィメンズクラスは井上美彌プロドロップニーは山田幸久プロ
グランドチャンピオンはメンズクラスは昨年に引き続き榎戸輝プロが2連覇、ウィメンズクラスは畠山美南海アマ、同時にプロ転向を宣言。
ドロップニークラスは今回も外人勢にも負けない圧倒的なライディングを見せた山田幸久プロが3連覇!
最終戦にふさわしいコンディションとなり大いに盛り上がったコンテストになりました。


このイベントを持ちまして本年度のツアーが終了いたしました。
スポンサーの皆様、コンテスト地域の皆様、その他関係者の皆様、皆様のご協力により本年度も無事にコンテストを終えることができました。
ありがとうございました。
また、毎イベント結果を楽しみにサイトをご覧頂きましたJPBAファンの皆様に厚く御礼申し上げます。
今年もいろいろなドラマがありました。喜ばしい事、まだまだ未熟なところなどお見せしたと思います。
今年度の反省を踏まえ、これからのシーズオフを精一杯の努力で送り、来年へ向けて変化を遂げて行ければと思っております。
本当にありがとうございました。

 

JPBAオフィシャルサイトはこちら↓↓
日本プロフェッショナルボディボーディング連盟(JPBA)

 


PHOTO&TEXT: JPBA&岡田奈美