サーフィンレップスイベント写真2010年度 JPSA 最終戦 ムラサキプロ DAY1

2010年度 JPSA 最終戦 ムラサキプロ DAY1



  2010/10/1(金)に、茨城県鉾田市 トップさんてポイントにて2010年度 JPSA 最終戦 ムラサキプロが開催されています。

  天候は曇りから晴れとなり、台風12号からのウネリも残り、波は胸セット肩!ややサイドオンが吹いたものの大会コンディションとしてはベストと言えるコンディションで日本のTOPプロサーファーが集結しております!

  先日に行われたプロトライヤルから勝ち上がったアマチュアが本日の本戦に出場した。
100人からたったの5名という厳しい枠を勝ち上がったのは大原洋人、稲葉レオ、加藤周平、高橋翔、寺村智紀さらにスポンサーシードとして出場した宮崎出身の渡辺寛、ケオニ野崎の7名がプロサーファーとして扉を開くためにアツきバトルが行われました。

 まずヒートNO.4にクレジットされた加藤周平が厳しい波の状況に他のプロサーファーが苦戦する中、しっかりと技を入れた安定したライディングで見事1位通過を果たした。そして圧巻だったのは若干13歳でもある二人、大原洋人と稲葉レオ!大人顔負けのライディングはとても安定感と存在感があり、アグレッシブルに攻めるそのサーフィンは本当に素晴らしいサーファーとして成長!
特に大原洋人プロが最後に魅せたライディングは、アウトから乗り繋ぎインサイドでカービングターンからビッグフローター!そして最後にはハードリエントリー、とどめと言わんばかりの3連発でハイエストスコアとなる8.5ポイントを奪取し、トータル15.00ポイントを獲得。今大会のベストスコアを揃え、その存在感と今後の活躍には期待しないはずがありません!

他にも高橋翔、宮崎出身の渡辺寛も見事プロ公認を獲得し多くのプロサーファーが誕生したJPSA最終戦となっている。

いよいよ明日からトップシード選手も全て登場し、さらにハイレベルなサーフィンになる事は確実!
プロになったばかりの選手のヒートも明日開催される予定となっており、お友達などは応援も楽しいと思います。

そして、一番気になるのはJPSAグランドチャンプの行方!!
3戦のみのポイントでダントツ1位を走る大澤伸幸プロが初となるグラチャン獲得となるか?
明後日3日には決まるので是非、最終戦を観戦しに行こう!!!

P.S
レップス営業マン鈴木洋平はR2にて敗退しましたが、今年1年間全てのJPSA参戦させて頂きました。
多くのサポート、応援を頂きまして本当に有難うございました。来年もNEVER GIVE UPの精神で頑張りますので、
今後とも宜しくお願い致します。

PHOTO&TEXT: RED-Y




掲載写真は66枚ですが、DVDには他を含む106枚の未公開写真を収録。

プロサーファー、プロボディボーダー本人に限り、
プロ本人の写真を無償でお渡しいたします。